Structure

メルカリのエンジニア組織内の役割や開発体制を紹介します。

エンジニア組織の主な役割や技術領域

Software Engineer(SWE)

機能の実現に向け、特定の技術に限定せず、常に最適な技術を駆使し、あらゆる手段を用いて理想を実現することを目指します。SWEが扱う主要な技術領域は以下の通りです。

  • Backend Engineering
  • Web Engineering
  • Mobile Engineering
  • 機械学習
  • Microservices Platform

Tech Lead(TL)

エンジニアチームの生産性にコミットし、プロジェクトの推進力を最大化します。技術的意思決定に責任を持ち、チームのコード品質に責任を持ちます。

Engineering Manager(EM)

組織の仕組みづくりや組織課題の解決にコミットし、エンジニアがより活躍できる場をつくます。エンジニアの採用、育成、目標設定、評価に責任を持ちます。

Site Reliability Engineering(SRE)

サーバ・ネットワークの構築・運用、システムの自動化や障害対応などの業務に加えて、システムのパフォーマンスや信頼性、スケーラビリティを向上させるためのソフトウェアの開発・運用を担います。

Engineering Office

エンジニアがバリューを発揮できるようにサポートを担います。エンジニアをチームで活躍できるように支援するオンボーディングプログラム、エンジニア組織がどのような考えを持って活動しているかを知ることができるアップデートプログラム、求めているキャリアが実現できるようにサポートするキャリアビルダープログラムなどを提供します

メルカリエンジニアの組織構造

Camp

メルカリではエンジニアリング組織の生産性を高水準に保つために「Camp(キャンプ)」という独自の組織構造を取り入れています。

What is CAMP

「Camp」は複数のスクラムチームをひとつにまとめた大きなグループチームです。Camp単位でそれぞれの目的が設定され、その領域でのヴィジョン(方向性)の決定権や、日々の開発における意思決定権を委ねられます。

Inside Camps

そして、Campは開発を始めとした課題の解決をCamp内で完結できるように、クロスファンクショナルなメンバー構成になっています。エンジニア・デザイナ・マネージャなど各分野の様々な専門家がメンバーとして集められ、1つのグループチームとして構成されます。

また、Camp内ではそれぞれの専門領域を超えた活躍をすることも推奨されます。例えば、元々フロントエンドを専門にしていたメンバーが必要に応じてバックエンド部分を開発することを(チャレンジングで)良いことと認めています。