「プログラミング言語Go完全入門」の「完全」公開のお知らせ

メルペイ エキスパートチームの@tenntennです。本稿は Merpay Tech Openness Month の11日目の記事です。

「プログラミング言語Go完全入門」の期間限定公開のお知らせでも書いたように、メルペイでは、社外の方向けにGopher道場という体系的にGoを学べる場を無償で提供してきました。Goの普及を目的にこれまでに8回開催し100人以上の方に参加していただきました。

また、Gopher道場の動画や資料はGopher道場 自習室として誰でも利用できるようになっており、現時点で300名以上の方が利用されています。

Gopher道場の資料のベースになっている「プログラミング言語Go完全入門」は、2020年7月31日までの限定公開になっていましたが、本日より公開期限を撤廃し、完全公開することになりました。

また、本日8月31日から始まる「Online Summer Internship for Gophers 2020」で扱う静的解析についても、14章として追加されています。

http://bit.ly/goforbeginners

執筆時点で、「プログラミング言語Go完全入門」で扱っている内容は以下の通りです。1章から11章までは、Gopher道場 自習室で動画も公開されています。

  1. Goに触れる
  2. 基本構文
  3. 関数と型
  4. パッケージ
  5. コマンドラインツール
  6. 抽象化
  7. エラー処理
  8. テストとテスタビリティ
  9. ゴールーチンとチャネル
  10. HTTPサーバとクライアント
  11. データベース
  12. テキスト処理
  13. リフレクション
  14. 静的解析

Gopher道場 自習室 https://gopherdojo.org/studyroom

12章以降についても、動画を収録していく予定です。また、14章については「Online Summer Internship for Gophers 2020」期間中の講義を収録する予定です。動画はできあがり次第、Gopher道場のYouTubeチャンネルにアップロードし、Gopher道場 自習室のSlackチャンネルとTwitterアカウントでお知らせする予定ですので、楽しみにしていてください!

「Online Summer Internship for Gophers 2020」では、参加される学生のみなさんに、実際に静的解析ツールを開発して頂きます。開発したツールは、このブログでも紹介する予定なので、そちらも楽しみにしていてください!

公開した資料をきっかけとしてGoを始める人が増え、Goコミュニティの活性化につながると嬉しいです。