E2Eテストのテスト結果を可視化することで気づきが生まれた